Edit  Diff  Hiki -Front Page-  Index  Search  Changes  History  Source  Login

Hiki - repository Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

For the love of God, keep writing these artciles.! 単独の Hiki で CVS/Subversion/Plain レポジトリを設定する方法

HikiFarm の場合については [[HikiFarm]] のページをご覧ください。

!! CVS 篇

以下のような環境を例に説明します。
:データ格納用のパス:/home/foo/hiki/
:CVS レポジトリ:/home/foo/cvs
:CVS モジュール名:hiki
まず Hiki をセットアップした後、CGI の実行権限で以下を実行します。

# CVS レポジトリの作成
cvs -d /home/foo/cvs init
# text/ 以下のインポート
cd /home/foo/hiki/text
cvs -d /home/foo/cvs import -m 'import' hiki v_tag r_tag
# text/ 以下にチェックアウト
cd ..
cvs -d /home/foo/cvs co -d text hiki

次に、hikiconf.rb に以下の設定を追加します。

@repos_type = 'cvs'
@repos_root = '/home/foo/cvs'

あとは、せっかくなので[[history.rb]]を有効にしましょう。

!! Subversion 篇

以下のような環境を例に説明します。
:データ格納用のパス:/home/foo/hiki/
:Subversion レポジトリ:file:///home/foo/svn/hiki

まず Hiki をセットアップした後、CGI の実行権限で以下を実行します。

# Subversion レポジトリの作成
svnadmin create /home/foo/svn
# text/ 以下のインポート
cd /home/foo/hiki
svn import -m 'import' text file:///home/foo/svn/hiki
# text/ 以下にチェックアウト
rm -rf text
svn co file:///home/foo/svn/hiki text

次に、hikiconf.rb に以下の設定を追加します。

@repos_type = 'svn'
@repos_root = '/home/foo/svn/hiki'

あとは、せっかくなので[[history.rb]]を有効にしましょう。

!! Plain 篇

以下のような環境を例に説明します。
:データ格納用のパス:/home/foo/hiki/
:Plain レポジトリ:/home/foo/plain

まず Hiki をセットアップした後、CGI の実行権限で以下を実行します。

# Plain レポジトリの作成
mkdir -p /home/foo/plain/hiki
echo -n hiki > /home/foo/hiki/text/.wiki

次に、hikiconf.rb に以下の設定を追加します。

@repos_type = 'plain'
@repos_root = '/home/foo/plain'

あとは、せっかくなので[[history.rb]]を有効にしましょう。

!!!注(kwg)
hiki-0.8.6で試してみたところ、

  echo -n hiki > /home/foo/hiki/text/.wiki

でなく

  echo -n > /home/foo/hiki/text/.wiki

でないと動作しませんでした

!! Git 篇

以下のような環境を例に説明します。
:データ格納用のパス:/home/foo/hiki/

まず Hiki をセットアップした後、CGI の実行権限で以下を実行します。

# Git レポジトリの作成
git --git-dir=/home/foo/hiki init
# text/ 以下のインポート
cd /home/foo/hiki
git add text
git commit -a -m 'import'

次に、hikiconf.rb に以下の設定を追加します。

@repos_type = 'git'

!! Mercurial 篇

以下のような環境を例に説明します。
:データ格納用のパス:/home/foo/hiki/

まず Hiki をセットアップした後、CGI の実行権限で以下を実行します。

# ページデータのディレクトリに移動
cd /home/foo/hiki/text
# Mercurial レポジトリの作成
hg init
# データのインポート
hg add
hg ci -m "Import"

次に、hikiconf.rb に以下の設定を追加します。

@repos_type = 'hg'